新時代を迎えるエンジニアのビジネススクール

エンジニアというのは技術を身に着けておけばそれで良いという時代は、すでに過去のものとなりつつあります。

特にSEには問題を改善するという技術のみならず、問題提起を行ったり、新しい解決法を提案するなどの提案力が問われる時代になりました。エンジニアとして仕事をしていく上では、経営戦略を身に着けなければこの先生き残ることが難しい時代に突入しているのです。そのため、SEのなかにはビジネススクールに通い経営戦略を身につける人が増えてきているのです。将来的に独立を考えている人は特にビジネススクールに通うことの重要性をよく理解しています。

ただ求められる技術を提供するだけでなく、その技術を使って何ができるか、どのような経営的な利益をもたらすことができるかについて提案をすることがエンジニアに求められるようになったのです。その上でビジネススクールで経営の知識や仕組み、戦略を身につけることは大変有効な方法であります。

エンジニアがただ単に技術を提供していた時代は終焉を迎えつつあります。今の時代では技術から価値を生み出すことができなければ、生き残ることはできないのです。ただ、なかなか技術と経営戦略の療法を身につけるということは至難の業であり、時間もかかります。そのため、自分が技術屋で行きていくという方針を持つ技術者も少なくありません。両立を図ることができればそれは好ましいことですがなかなか容易なことではないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *