プログラミングをスクールで学んだ後の進路

プログラミングをスクールで学んだ後の進路は、人によってさまざまです。

意外なことかもしれませんが、IT技術者になる人の割合はそれほど多くはありません。スクールで学んだIT基礎の知識を生かしてIT企業のコールセンターなどで働く人もいます。介護職、工場勤務、接客業などプログラミングとは全く関係ないような仕事に就く人もいます。

IT技術者になるという進路はそれほどの狭き門ではないので、しっかりと努力をしていればIT関連の仕事に就ける可能性は高いです。しかし、希望すればだれでもなれるような簡単な道でもありません。また、プログラミングの勉強をしているうちに自分には向いていない・適性がない・そもそもやりたくないという結論に至る人もそれなりにいます。プログラミングという分野は特殊なので、どうしても受け付けないという人もいるのです。そういう人は早い段階で見切りをつけたほうがいいケースもあります。

1年間勉強をしたのになにも身につかなかったらかけたコストと時間がもったいないです。スクールで学んだ後、IT技術者になるならできるだけ早いほうがいいです。バイトをしながら資格の勉強をして、合格をした後になどとは考えないほうがいいです。

IT企業でのバイトならまだいいですが、接客や軽作業など全く関係ない職種で働きながら勉強をすることはよくないと言われています。なぜなら、IT技術者の面接では関連した仕事での経験が重視されるからです。正社員が理想、時点で派遣・契約社員ですが、どうしてもバイトをする場合でもなるべくITと関連した仕事を探しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *