フリーランスは高リスクでもある

語学やプログラミングなど、特定のスキルにかなりの自信がある方の中には、独立するなどしてフリーランスで働くことを検討されている方もいるかと思います。

働く日にちや時間帯などを自分で調整することが可能であるこうした働き方に、組織に縛られずに済むという魅力を感じているという場合も多いでしょうが、フリーランスになると高いリスクもつきまといます。まず、完全に独立するというのであれば、行う仕事はすべて自分で探す必要があります。

こうしたケースでは、コンスタントに仕事を得られるまでにかなりの労力を必要とすることも多いです。その一方で軌道に乗せることができる保障がないため、不安を感じることもあるかもしれません。次に、クラウドソーシングサービスなどに登録して外注を請け負うという半フリーランスのような働き方もありますが、こちらも当然リスクがあります。

仲介者がいるということは、確実に中間マージンが発生しますので、依頼者が支払った額と実際に請け負った作業者の受け取る額には差が生じます。また、買い手の方が優勢の業種では自分のスキルを正当に評価してもらえないこともあり、割安に働く羽目になるということも十分に考えられます。

このように、一口にフリーランスで働くと言っても形態はさまざまですし、それぞれにリスクもあります。ですが、組織に縛られずに自分の実力を試したい、スキルをより高めたいという方は挑戦してみる価値はあるかと思います。どういう形態で働きたいのか、その場合にはどのようなリスクがあるのかをきちんと下調べした上でフリーランスに転身していくということが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *