プログラミングのスクール卒業後エンジニアになれる?

プログラミングのスクールへ行く人の目的はさまざまです。

必ずしもエンジニアになりたいからという理由を持った人ばかりではありません。例えば個人事業主をしていてECサイトを自力で作成したいためにスクールへ通う人もいます。ECサイトは通常のホームページ作成の技術だけでは構築できません。会員管理画面や決済画面はHTMLやCSSのコードが書けるだけでは作成できないからです。PHPなどのプログラミングの技術が必要になります。

しかし、多くの人はプログラミングのスクールを出たあとに企業に就職をしてエンジニアになりたいと考えます。なぜなら、将来的に独立をするにしても企業での経験を積んでおいたほうがなにかと役に立つからです。社会人経験がゼロの人がいきなり会社の社長になって成功したという例はあまりありません。ITバブルのときならともかく、現在はITスキルを持った人がたくさんいるので競争率が非常に高いです。また、学校で短期間プログラミングを学んだ程度では技術者として十分ではありません。

例えば応用情報技術者の試験はそれなりに難易度が高い国家資格ですが、この資格を持っているだけではエンジニアとしてほとんど役に立たないそうです。知識を持っているだけでは意味がなく、実務の経験を積むことが需要の高いエンジニアになるために必要なこと。そう考えると、フリーランスでやっていくにしても企業に就職をして実務の経験を積んでおきたいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *