プログラミングスクールを選んだ失敗談に学ぶ

プログラミングのスキルを身につけようと思っても一朝一夕ではありません。

やはり教えてくれる人がいて手取り足取り教えてもらうほうが理解しやすいのが現実です。そうなりますとプログラミングスクールを利用することになりますが、これがまた大変です。

選び方がわからないからです。そこでプログラミングスクールを選んだ人の失敗談を聞くことは「同じ過ちをしない」という意味で意義があります。

失敗するのもいろいろなパターンがあります。それらを知ることは大いに役に立つはずです。

少なくないお金を払いながらスキルが身につかないのがあまりにもったいないことです。そうならないために失敗談を紹介いたします。

意外に多いのが「ついていけない」という状況です。なにしろ全く素人が勉強を始めるのですからついていくのが大変です。

最初のうちこそまだそれほど難しくありませんのでなんとかついていけますが、少しずつ学習内容が進んで行きますと辛くなってきます。

「苦しく」と表現してもいいのでしょうが、勉強すること自体を苦行に感じるようになります。

こうしたときの状況を打開できるシステムになっているかがとても重要です。わかりやすく言いますと、「気軽に質問ができる環境」になっているかです。

実はこの環境はとても大切です。結局は質問してすぐに返してもらえることがとても大切です。想像してみてください。

わからないことを質問できないならそれは独学と同じです。スクールにお金を払っている意味がありません。そのような状況にならないようなスクールを選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *