プログラミングスクールの形式による特徴

一口にプログラミングスクールと言いましてもすべての学校が同じということはありません。

言うまでもありませんが、学校も競争にさらされています。ですから、それぞれの学校が特徴を出すことで生き残りをはかることになりますが、受講者側がその特徴を理解することが大切です。

もし、その特徴をしっかりと押さえておかないならせっかく支払った受講料が無駄になってしまいます。最近は通信技術の発達でオンラインで講義をする方法も普及しています。

プログラミングとは関係ありませんが、大学受験などでも使われている方法ですが、受験勉強では活用できてもプログラミングスクールでは相応しくない方法と言えます。

その理由は、「難しい」からです。受験勉強のように単に記憶するだけでは理解する必要があるのがプログラミングです。

そのためにはオンラインよりは実際に対面のほうが効果を得られやすいのが現実です。次の特徴としては講師が一人で受講生がたくさんいるという講義形式とマンツーマンの形式です。

この形式の違いはとても大きいのでスクールを決める際は重要なポイントになります。講師形式のメリットは一緒に学んでいる仲間がいますのでそうした仲間との一体感を得ることができたり、自分では思いつかないような質疑を聞くことができます。

反対にデメリットは、周りのスピードに合わせる必要があることです。これは裏を返しますと「焦り」を生むことにつながります。

また質問をしにくい環境にあることです。プログラミングスクールを選ぶにはメリットとデメリットの両方を考慮して決めることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *