プログラミングスクールの集団講義形式の特徴

プログラミングスクールには講師が一人で受講生がたくさん学んでいる形式と「1対1」といういわゆるマンツーマン形式のやり方があります。

どちらにもそれぞれメリットとデメリットがありますが、事前にそれらを押さえておくことはとても重要です。

そうでないとせっかく受講料を支払って学び始めても途中でやめることになります。そうならないために特徴を理解することが大切です。

講師一人に受講生がたくさんいる形式は大学の広い教室と似ているという人もいますが、実際は少し違います。

大学の広い教室というよりは中学高校までの教室で学んでいる雰囲気に似ています。中学高校時代に受けた授業時間は意外と緊張していたはずです。

中には荒れている学校もありますのでそのような教室では緊張感がなかったでしょうが、普通の学校では勉強時間中に「先生に当てられたらどうしよう」などという緊張感があったはずです。

つまりなにが言いたいかといいますと、周りに同じように学んでいる人がいることの緊張感です。そうした緊張感が苦手な人は集団講義形式は向いていないと考えるのが賢明です。

人にはそれぞれ向き不向きまたは得手不得手というのがありますので集団講義形式の雰囲気が合っていない人もいます。

プログラミングスクールというところは考えようによっては学校よりも難しいことを学ぶ場所です。ですので緊張感も人によっては半端ではない可能性もあります。

そうしたことも考えてうえでプログラミングスクールを選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *